2017.08.10

介護実習まとめ&実習報告会 *介護福祉学科・社会福祉学科*

介護福祉学科2年生と社会福祉学科2年生は、6月下旬から施設実習に行かせてもらってました~26日間の実習を終えて、元気な顔で学校に戻ってきましたよ 介護実習報告会に向けて、グループ討議をしまーす 実習での経験や学び、失敗談などなど…話し合いますっどのグループも話したいことがたくさんあって、話し足りません~ グループで話し合うことで、自分は経験できなかったことも他の学生から聞くことができますっなので、施設実習から戻ってきても更なる学びが深まるんです 発表内容が決まったら、それぞれ発表に向けた作業~ 配布資料の作成やパワーポイント、映像など、それぞれのグループが工夫   そして、いよいよ介護実習報告会当日です 報告会当日の司会進行は学生たちが行います【前半担当】司会:社会福祉学科 藤原広江さんタイムキーパー:介護福祉学科 安部あすかさん ①グループ『残された能力から見えてきた思い』  ②グループ『生活の楽しみがその方にもたらすものとは』  ③グループ『利用者の満足へ繋げるコミュニケーションの方法』  ④グループ『真のニーズを知るための関わり方』   【後半担当】司会:介護福祉学科 野村麻友さんタイムキーパー:社会福祉学科 堀川直さん ⑤グループ『どこに時間をかけるのか』  ⑥グループ『利用者を理解するためには』  ⑦グループ『見て考えて、やってわかった本当に必要な視点』  ⑧グループ『活動スイッチON!!』  各グループへの質疑応答も積極的に行われていました~報告会には、後輩の1年生や他学科の教員たちも参加そして、実習で大変お世話になった施設の指導者さんも多数来てくれました 休憩時間には学生が挨拶に行く場面もっ札幌市南区にある介護老人保健施設 リラコート愛全の山崎翔太さん  江別市にある介護老人福祉施設 静苑ホームの前田顕さんと次藤智佳さん次藤さんは今年の春、本校を卒業し静苑ホームに就職 その他にもたっくさんの指導者さんが来てくれて、学生たちも本当に喜んでいました  最後に…私がカメラを持っていると必ずピースをしてくれる学生たちおんなじ顔が多いけど…4日間分を一気にご紹介 実習報告会を終えた学生たちは、現在夏休み中~夏休み明け、みんなの元気な顔にまた会えるのを楽しみにしていまーす 教員 安藤博美

2017.08.08

夏休みオープンキャンパス★ハイライト

夏休み中、オープンキャンパスに参加してくれたたくさんの皆さん、ありがとうございました 仕事のコト・学校のコト・先生のコト・入試や学費のコト…良くわかっていただけたら嬉しいです 3日間のオープンキャンパスの様子をハイライトでどうぞ        次回は夏休み明け8月26日(土)12:30~16:00 社会福祉学科・介護福祉学科<衣服の着脱体験>身体が不自由な方の衣服の交換にチャレンジ! 保育未来学科<コスチュームを作ろう!>こども達が発表会で使う衣装を作ろう!  お申し込みはこちらから

2017.08.08

保育未来学科 支援が必要なこどもたちのために…

保育未来学科2年生の授業紹介 今回は形態別介護技術特別な支援を必要とするこどもたちを支えるために必要な支援技術の基礎的知識・技術を学びます。 担当は、介護福祉学科 田中賢治先生わかりやすい説明と田中先生のギャグが楽しい人気の授業です 今日は体位変換を学んでいます自力で身体の向きを変えることが困難な方が、ずっと同じ姿勢をしていると身体の下になった部分の皮膚や筋肉に体重がかかってしまい、組織が壊死状態を起こしやすくなります。特別な支援を必要とするこどもたちの通う施設では、同じところへの圧迫を避けるために保育士が身体の向きを変えるお手伝いをします。 学生同士で仰向けから横向きに 上手く体位変換出来ない学生に田中先生から「手の入れる位置を変えてやってごらん」とアドバイスが。このあと、すんなり出来ました 7月中旬から11日間、福祉施設実習を行った2年生実習先でこの授業が役立ちました。すべてのこどもの支えになれる保育者を目指して頑張っている保育未来学科2年生でした 保育未来学科 上野暁子

2017.08.04

医療福祉系進学相談会のご案内

医療福祉系の学校へ進学をお考えの高校生・保護者の方を対象とした進学相談会を各地で行います。 【日時・会場】 時間内の入退場は自由です。入試の事・進学費用の事など個別に相談できますので、ぜひお越しください。  【お問合せ】専門学校北海道福祉大学校011-272-6085(担当:新井) 

2017.08.04

ブラインドサッカー体験☆ *介護福祉学科*

障がい者スポーツの理解を深めている介護福祉学科1年生 前回、様々な障がい者スポーツがあること&そこへのサポートを授業で学んだ学生たち  前回の様子は集合写真をクリック 今回は、障がい者スポーツの1つブラインドサッカーの体験をしました講師に来てくれたのは、元コンサドーレでキャプテンを務めた経験のある芳賀博信さん現在はNPO法人セカンドサポートでブラインドサッカーチームを立ち上げていますセカンドサポートの詳細は芳賀さん写真をクリック そもそも…ブラインドサッカーとはアイマスクをつけて、視覚障がい者も健常者も同じフィールドでプレイをすることができるスポーツです まずは…ウォーミングアップ自分たちの陣地に早くボールを集めたペアが勝ち これがまた、ボールの取り合いで疲れる…疲れる…  次は、アイマスクをつけて歩く練習呼んでもらい、声や音の方向へ~  歩くのに慣れたら、走りますっ 呼んでくれるクラスメイトを信じてダッシュしますが、近くなると急激にスピードダウンでもまだ、3メートルもあったり… ブラインドサッカー用のボールを使って、ドリブル練習 パスの練習今度は蹴る方も受ける方もアイマスクをつけますっ  ボールに慣れてきたところで…プチゲームです~アイマスクをして蹴ったボールが足の間を通った数で競います  もちろん負けたグループは筋トレの罰ゲームです…  最後は、芳賀さんを囲んでっブラインドサッカーの話や障がい者をサポートすることについてのお話などなど  実際の試合風景も映像で見せてくれましたっ  楽しみながら真剣にブラインドサッカー体験をした学生たち~ 授業終わりには、お決まりの集合写真撮影です~ 介護福祉学科 安藤博美

吉田学園オープンキャンパス

  • イベント詳細
  • 体験お申し込み

進学相談会

  • Twitterでチェック

学校見学申込み

  • メールで申込む
  • 電話で申込む

メール進学相談

  • メールで相談

留学生・日本語学校の方へ

  • 留学生のみなさまへ

閉じる×

専門学校一覧

閉じる

北海道福祉大学校を詳しく知ろう!